HOME > 製品紹介 > 新築シェルター > 新築シェルター

新築シェルター

新築シェルター

シェルター付建物の建築をお考えの方へ

 推奨機種と仕事の流れ

設計段階からお手伝いを致します

〇 一般家庭向けシステム

レインボー36V 6人以内、  36m3以下の空間であれば、レインボー36Vをお勧めします

  FA50 8人以内、      50m3以下の空間ならば、FA50になります

 レインボーの使用法関して は動画(英語:2分22秒)をご覧ください https://www.youtube.com/watch?v=jS-1-FNYXCQ&t=7s

 シェルターに適した構造が必要。 給気弁・排気弁・平時換気システム・電源等の配置が重要です

〇 事業所など中規模施設の場合

 FA90、180、300、600のユニットタイプからお選び頂けます
7人以上100人以下の施設、一時間当たり換気回数ACHは2以上が求められます

給気弁・排気弁・平時の換気システム・電源等の配置が重要です

〇 病院地下などの大規模施設の場合

複数のFA1200フィルターとダクト・ブロアー・耐爆陽圧弁を組み合わせます

コンポーネント型システムですから、シェルターサイズに制限はありません

設計の流れ
・第1次段階 基本構想→弊社での対応(活性炭選定・全体配置・システム規模・納まり確認)
・第2次段階 守秘義務契約→ベゼル社に情報供給→基本構想の具体化
・第3次段階 見積→契約→ベゼル社で設計→施工→完成後気密測定→試験調整→メインテナンス a